インプラントの上部構造の製作も承っています

インプラント

インプラントのご案内

当ラボではストローマン(ITI)インプラントの上部構造をお作りしています。ITIインプラントは優れたインプラントシステムです。その特徴は以下にご紹介しています。

豊富な臨床実績

1974年に開発されて以来、ITIインプラントは40ヶ国以上で使用されており、豊富な臨床実績があります。

患者様の負担を軽減

ITIインプラントは1回法、抜歯即時埋入法にも対応しています。治療期間の短縮により患者様の負担を軽減できます。

日本人に適合したサイズ

ITIインプラントは小さな形状です。顎の小さな日本人にもしっかりと適合します。

ITIデンタルインプラントシステム認定ラボ

当ラボはITIデンタルインプラントシステムの認定ラボです。歯科医院様のご要望にお応えできるよう、これからも日々研鑽を重ね、上部構造の製作にあたります。

その他 取扱いインプラント

当ラボではITIインプラント以外にも、以下のインプラント体を取り扱っています。

ブローネマルクインプラント

世界初のインプラントシステム、それがブローネマルクインプラントです。豊富な臨床実績に基づいた信頼性があります。タイユナイトと呼ばれる独自の表面性状で、成功率が飛躍的に向上しました。

ザイブインプラント

テュービンゲン大学(ドイツ)のProf.Dr.W.Schulteらを中心に1974年から開発されたインプラントです。 ザイブインプラントは、これまで治療が困難であった無歯顎や骨吸収の進んだ症例に対する「機能修復」の適応だけでなく、「審美修復」の概念で開発さ れたインプラントシステムです。

アストラインプラント

スウェーデン生まれのインプラントです。表面がタイオブラストと呼ばれる粗面に加工されており、インプラントと骨の結合面積が大きいという特徴があります。早期結合、強度の向上などのメリットがあり、多くの歯科医院様から注目されています。

カムログインプラント

カムログインプラントは、25年にわたる基礎と臨床研究に基づきドイツで開発されました。大きな特徴として挙げられるのが、アバットメントとの連結が非常に強固なこと。土台部分が緩むことなく、長期間使用に耐えられます。従来は難しいとされていた1本単独のインプラント症例にも対応可能です。

アンキロスインプラント

フランクフルト大学(ドイツ)のネトンヴィック教授とチューリッヒ大学(スイス)のモーゼル工学博士により、1985年に開発されたインプラントシステムです。大きな特徴は、インプラントの表面にサンドブラスト処理が施され、粗い仕上がりになっていることが挙げられます。接合部がフィクスチャー直径よりも内側にあるためインプラント周囲の骨吸収が抑えられ、長期的な使用が可能です。その信頼性は、臨床研究でも証明されています。

お問い合わせはこちら 042-306-8601 メールでのお問い合わせはこちら