「セルコン ジルコニア」を採用しています

ジルコニア

ジルコニアのご案内

ジルコニア

当ラボでは「セルコン ジルコニア」での技工物製作も行っています。「セルコン ジルコニア」は様々に優れた特徴を持つセラミックです。その特徴は以下にてご紹介しています。

高強度

ジルコニアは曲げ強度900Mpa、弾性係数210Gpaと高強度。。緻密な結晶構造を持つため耐久性と耐腐食性にも優れています。従来の酸化アルミニウムのような、経年による破折のおそれもありません。また臼歯部8本ブリッジまで承認を得ています。

審美性

優れた審美性も「セルコン ジルコニア」の特徴の1つです。まるで天然歯と同じような外観を持つ技工物を製作できます。また金属を一切使用していないため透明性を有しており、歯肉の変色もありません。


1年6ヶ月経過した後でも、メタルボンドのように歯肉が黒ずむことがありません

生体親和性

生体親和性に優れた「セルコン ジルコニア」は、金属アレルギーを引き起こすことがありません。金属製の技工物のかわりに「セルコン ジルコニア」で製作した技工物を用いたところ、アレルギー症状が改善された症例もあります。

安全性

酸化ジルコニウムは純チタンよりも表面が滑らかで細菌が付着しにくく、優れた安全性を持ちます。

メリット デメリット
メタルボンド
  • 強度に優れている
  • 適応範囲が広い
  • ブラックマージンが出ることがある
アルミナ系
オールセラミックス
  • 審美性に優れている
  • ブラックマージンが出ない
  • メタルボンドよりも強度に劣る
ジルコニア
  • 高強度で審美性に最も優れている
  • 適応範囲が広い
  • ブラックマージンが出ない
  • ロウ着ができない

セルコンZ冠

「セルコンZ冠(セルコンht)」という高透過性ジルコニアが登場しました。

・天然歯の切削量が少ない
・対合歯を傷めにくい
・金属アレルギーのリスクがない
・高次元の光透過性で自然な透明感を実現
・金属と同等の強度
・臼歯部においてチッピング(欠けること)が無い
(従来のジルコニアでは、ジルコニアの上に陶材を塗る為にチッピングしやすいデメリットがありましたが、
Z冠は陶材を塗る必要がない為、表面もジルコニアの強度が維持されチッピングしません)

という特徴を持つセルコンZ冠。審美歯科治療を検討されている多くの患者様のご要望を満たしてくれることでしょう。

当技工所では、歯科医院様からのお問い合わせだけでなく、ラボラトリー様からのジルコニアコーピングのお問い合わせも受け付けております。

お問い合わせはこちら 042-306-8601 メールでのお問い合わせはこちら